舞台公演で高所から紙吹雪などを降らす仕事

大学生のときに舞台公演のお仕事を体験しました。このようなロイアリティ―の高いお仕事をやってみようと思ったのは、時給が高かったからです。たまにSNSなどに流れている人気の高いアルバイトで、日給としては30,000円ほどいただくことができました。日給で30,000円も稼げるアルバイトはなかなかありません。そのアルバイトに応募してみたところ、非常に高い倍率をくぐり抜けて仕事できることになりました。舞台公演の仕事ということで最初に想像していたのは。当日チケット販売の窓口や来場者の案内、舞台袖で監視する役割などでしたが、実際に行った仕事は舞台公演で高所から紙吹雪などを降らす仕事でした。その紙吹雪を降らすためにその公演では高所作業台を利用していました。公演によっては高所作業車を利用することもあるそうです。作業は大量の紙吹雪が入った袋を高所に持っていき、シチュエーションに合わせてタイミングを見計らって降らすだけの簡単な仕事内容でした。こんな簡単な作業で、日給30,000円は正直驚きましたが、その舞台公演はかなり人気の高いもので、メディアなども優先的に取り上げるくらいのスケールだったので、責任は重大でした。舞台環境では自動で紙吹雪や花吹雪を降らす装置がもともと備え付けられているようなのですが、なかには古い舞台会場もあるみたいで、そのようなところには最新の装置はないようです。そういう場所ではこのようなアルバイトを雇っているのですね。(男性・27歳)