ビルの広告の清掃で初めて作業台を使わず仕事を遂行

これまで私は9回か10回ほど高所作業車や高所作業台を使った作業を行うアルバイトを行ったことがあります。これまでそのようなある程度危険を伴う仕事を選んでアルバイトでお金を稼いできたのは、時間当たりの給料がほかのアルバイトよりも圧倒的に良いという理由もありますが、それ以外の理由として「ほかの人にはできない仕事をしたい」という思いもあったこともあります。高所作業車や高所作業台を使った作業は経験が浅い人や高所に対する恐怖心が少しでもある人には向きません。その理由といたしましては、高所に対する恐怖心が少しでもあると、そちらに気が向いてしまい、肝心の作業に対する集中力が途切れてしまい、パフォーマンスの低下につながるからです。なので、高所作業車や高所作業台を使った作業は学生時代の私にとっては自分を活かせる場所というイメージを持っていました。私が具体的に行った仕事内容としては、渋谷などのビルに大きく掲げられている看板や広告などの表面を清掃する仕事です。これまでは高所作業車や高所作業台を使った作業ばかりでしたが、今回はロープで自分自身がつるされて清掃を行うスタイルで、高所での作業に慣れている私でも最初の一時間は少しばかり心臓バクバクでした。しかし、この作業で使われるロープは金属の10倍以上の強度を誇るカーボンナノチューブを素材として利用した安全ロープですので、安全性に関しては申し分ないほどでした。(男性・27歳)