高所作業台の選び方。購入か?レンタルか?

高所作業車の選び方は、先ずは用途に適した性能のものを選ぶことです。

20メートル以上の高さで作業をするのに、作業床が地上から18メートルまでしか上がらない高所作業車を選んでは意味がありません。
また、作業半径が12メートル必要なのに、10メートルしかない高所作業車を選んでは、何回もアウトリガーをたたんだり、伸ばしたりしなければなりません。
従業員に大型免許を持っている者がいないのに、道路を走行するのに大型免許が必要な高所作業車を選んでもこれもまた意味がありません。

高所作業車は、車体の重量がかなりあるので、走行するのにかなりの燃料が必要です。
遠方に仕事が多い事業所では、燃料費のことを考えるとガソリン車よりディーゼル車を選ぶ方が無難です。

思わぬ故障があるかも知れません。
例えば、ブームの引き切った状態で、動かなくなった場合に、作業床からの携帯電話で何時でも適切な指示を出してくれるような業者を選ぶのも非常に大事です。

高所作業車の使用頻度が、少ない場合には、購入ではなくレンタルするのも1つの選び方です。
販売店によっては、レンタルをしている所もありますので、業者を選ぶ場合の選択肢に入れると都合が場合があります。
購入する場合でも、レンタルする場合でも、取り敢えず販売店へ行って、現物を見て、操作してからレンタルする購入するを決めましょう。

もし、迷った場合は、出直しましょう。
違う販売店を何店か回って気に入った物があれば、操作させて頂きましょう。
高所作業車は、決して安い商品ではありません。

最新記事